ゆとりのないなおき

ゆとりのないなおき。

学生時代はゆとり世代でも、社会人になればゆとりのない世代だ。なんて世代だ!!!

ファッション雑誌の読み方が分からない。ファッション雑誌初心者に見てほしい4点

ファッションに目覚める瞬間って何処かにきっとあると思う。本題は3つ目の見出しから書いていきたい。 私は常にお洒落になりたいと思っていたのに、オシャレになれない。体型のせいだとか金欠のせいとか、なんとか適当に理由をつけて服を買う恥ずかしさから逃げていたからだ。あのオシャレの集まりの服屋さんにいくのは気が引ける。

なぜ

私が服屋に行けない理由を考えた。結果、私は服屋に行く服を持っていない。 おかしな話だ。服が欲しくて服屋に行くのに、服がないからあのふんいきにはいれない。 なんとも摩訶不思議な話である。しかしおしゃれになるためには、服屋に行かなければならない。ならば行ける服屋に行けばいいのだ。 例えばユニクロ、しまむら、G.Uなどファストファッション店なら入れる。 しかし今まで通り服を買っていたら服屋に入れない。 ならば、変わろう。 ここで手に入れるべきアイテムがある。ファッション雑誌である。

ファッション雑誌を選ぼう

ファッション雑誌を選ぼう。初心者はまずファッション雑誌に乗っている人はこれに出ているからこんな服を着てもいいのだとなる。しかしそれは正しいし間違いでもある。なぜならファッション雑誌に出ている人が来ている服は総じて高いからだ。 しかし似た服はユニクロにもある。この服ユニクロでも買えるとなっている服が乗っている雑誌を買えばいい。 次に、自分と似た体型の人、顔の雰囲気が似ている人がモデルになっている雑誌。この二点。 最後はやはり自分がなりたいと思っている服装が載っている雑誌を選ぶべきである。 私の場合Fineであった。

Fine 2016年11月号

Fine 2016年11月号

そして今月は半額で定期購読ができたため1年間定期購読したわけである。

そして先週届いた。が問題発生

ファッション雑誌の読み方がわからない。

これが雑誌を買って最も困るのが読み方である。雑誌に乗っているのはすべてと言っていいほど高級品である。しかしながらこれを真似すればなりたいオシャレさんになれるわけである。 だから雑誌を読むときは服を見るのではない。組み合わせを見るのである。

注目すべきは

  • 服の形
  • 素材
  • 小物

最初はこの四点でいいだろう。服の形とは、どういったシルエットかとかでなく、ゆったりとしてるのか、ぴったり着ているのか。ここに注目してほしい。 Gジャンはゆったりと着てズボンはピッタリ。とかシャツはピッタリ。とかね。 まずはここに注目してほしい。自分の体型に近い人がぴったり着ていたらそれはそう着るべきである。逆にゆったりが似ているのであればゆったりを用意すべきである。

その次に、色だ。 色は服において最も重要になる。そして、人の真似を簡単にできるものである。 同じパンツでも色が変わればすべての雰囲気が変わるように、色をマスターすればファッション初心者を抜け出せるはずである。 ここは雑誌でこの組み合わせが良いと思うアイテムを手に入れるとこから始まるのだが。 組み合わせがいいと思う色が、多いアイテムを購入して来ればいいだけなのだから。ファッション雑誌ではここをまず見よう。

そして素材。 ここはとりあえず、ニットなのかデニムなのか、だけを見れば大丈夫である。 別に急いで素材を合わせる必要はないのだ。今後余裕が出てきたときに素材を合わしてファッションマスターになればいい。

小物 これはすべてがマスターできてからである。 小物を使いこなすだけで服の雰囲気がすべて変わる。だからここにたどり着くのを目標に、上記の3点を真似することをやってみよう。

最後に

ファッションってすごく難しいですね。 色々見た結果靴をオシャレにしなければ上を真似ても無意味だと気づくのに少しかかってしまった。そして靴を買うのはまた来月になるのかな。お金がかかってしまう。

私は下のサイトで雑誌を定期購読したよ。 割引率が大きければ、半額で1年読めるよ。