ゆとりのないなおき

ゆとりのないなおき。

学生時代はゆとり世代でも、社会人になればゆとりのない世代だ。なんて世代だ!!!

家探しするならat-homeが面白い。間取りに家具がおける。

独り暮らしや、引っ越しシーズンは終わったかも知れないが、at-homeが面白い。密かに話題になっている。私だけ。

賃貸情報は何処も似たり寄ったり

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

賃貸情報サイトは何処も似たような情報が並んでいる。賃貸業者は自分の管轄の良い物件を紹介したいからだ。気持ちはわかる。 この物件サイトの性質上仕方ないのだ多くの賃貸情報サイトは何物件○○円の世界である。 その点でいくとHOMESに関しては問い合わせ数に対していくらとしているそうだ。そうすることによって物件数を多く掲載することができる。 どっちにしろすべての物件を網羅してない。 それを前提に話そう。

ネットに出ている物件は釣り物件?

よくネットに出ていてこれいいな~ってなる物件があると思いますが、連絡してみると契約された直後でまだ消せてないんです。とか言われることもある。

それはほぼ100パー釣り物件と考えていいであろう。そんなにタイミングよく契約されるのか?

このURLを見てほしいhttp://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2014/aqehc40000000k4e-att/201401102.pdf

大東建託さんら大手の契約件数が見れる。

この大手5社を足して一日あたりにすると一日あたり妬く1800件それに加えて47都道府県があることも踏まえると1都道府県あたり一日38件しか契約されていない計算である。

あなたが見ている地域に何件の賃貸住宅がありますか?地域縛りで見ても軽く1000件はあるであろう。しかもこの数値は前述のとおり不動産会社が管理しているすべての物件ではない。

ということを考慮してみても大体3%の確率でしかかぶらないのである。ネットに出ているすべてが釣り物件でないにしても、自分の会社に興味を持たせるための物件であると考えていいだろう。まぁ目的がそうであるのだから仕方ない。

賃貸情報サイトはある程度目星をつけて条件と相場を知るためのサイトである

前述のとおりすべての物件を載せていないのである。であるならば、直接いって話して条件に合う物件を見せてもらうという作業が必要である。

その中で希望する地域、条件などでぼったくられないための情報サイトであると考えていい。

じゃあどこの情報サイト使っても一緒ではないか?

いや、そうではない。サイトによって絞り込み機能に差があるのである。徒歩圏内の絞り方にしても1分5分10分と刻むサイトもあれば、1分3分5分7分、と刻むサイトもある。

この差は大きく、スーパーが近くにある物件でこの範囲でと言った詳しい条件での相場を知るためには、自分がほしい条件で絞り込める機能のあるサイトを使う必要がある。それは、人それぞれであるので自分で見つけてもらいたい

相場を知るのが家を借りる上で最も必要なことであるのだから。

なぜat-homeが熱いの

さて今回の本題に入ろう。なぜat-homeが熱いのか。

まず、賃貸情報は似たり寄ったり。という点。

他のサイトで見つけた、自分が住んでみたいと思った物件がほかのサイトにあることも珍しくない。

ではat-homeにもある可能性が高い。

そんな家を見つけた場合、みんながするであろう行動はあれだ。妄想。

ここにはこんな家具。ここにはテレビ。ここで寝よう。ここでは旦那とムフフなんてね。

どんなサイズの家具を買おう。このくらいの予算でこの大きさとかね。でも実際見に行って思ってた家具が入らなさそうなんてことが、多々あるはずである。

ではどうするのかそこで登場するのが。

at-home唯一であろう機能(私の知る限り)

そう、私がハマってるは他でもないSTYLE BORDである。

 

アットホームのサイトの間取りの下ぐらいを見ると目に留まる。

bt_simulator

これである。

スタイリクスさんとのコラボの間取りのレイアウトをするサイトに飛ぶ。

ユーザー登録が必要だが、妄想して、見に行って入らないなんてショックに比べたら屁でもない。その不安が一つでも減るのだから。

簡単に機能を説明すると。

間取り図の専有面積である部分の角をクリックしていき、サイトにこの範囲が部屋の専有面積であると教える。すると賢いサイトさんは、自分の持っている専有面積の数字データと間取りを元に縮尺を考えてくれるのである。

あとは、妄想している家具のサイズを入れてどんどん置いていくだけ。ただそれだけで妄想が加速するのであるのだから。楽しくて仕方ない。

ただこれだけの機能で私の中ではアットホームが最近の流行になっているのである。

なぜなら私は来年から初めての一人暮らしなのだから。

御託を並べたがこれまでの情報に関しては未経験なので保証はできない。

&nbsp