ゆとりのないなおき

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりのないなおき。

学生時代はゆとり世代でも、社会人になればゆとりのない世代だ。なんて世代だ!!!

格安simの運用を方法を変えたい話。プラス今後の携帯について節約を妄想する。

ここ最近、格安simが流行っているみたいである。

格安simが流行った背景には多くの要因があるかと考えられる。

LINEの出現?

ガラケー全盛期にはキャリアメールと言って、大手通信キャリアのドメインを利用したキャリアメールが主な連絡手段であった。

そこにLINEというコミュニケーションツールが出てきてキャリアメールが必要なくなってきた。

またメールはGmailという人も増えてきたためであると考えられる。キャリアメール全盛期はサイトの登録にはキャリアメールでなければならないサイトなどがあり。キャリアメールこそ身分証みたいな時代があった気がする。

今ではそんなこともなくキャリアメールのメールアドレスを設定してない人も多くいるのではないだろうか。

大手通信会社のよくわからない高い料金設定?

調べて賢く使う人には徳の多い料金プランが多くあったのだが、今では調べる人も調べない人もほぼ横並びの料金となり全体的に値上がりしている。どこかの有識者のせいで人任せにしても損をする人がいない料金プランが多くなっている。

全体的に値上がりがしており調べて安く使っていた人にとっては不満しかない状態だったのが、格安simの出現によりそっちへの移動が多くなってきている。

二台持ちへの需要

ゲーム専用に端末を持つ人がいてそういった需要も出てきてるようです。

スマホでゲームをする人が増えてますよねそういった人が電池の消費を気にせず使える携帯を求めて安い格安simを二代目とする人が多いのかもしれない。

まぁ置いといて。デメリットを話したい

docomo系の格安simを使う人が多いと思うんですが、docomo系格安simを使う時の注意点がいくつかあります。

お昼は遅い

混雑する場所は遅い、しかたないのかもしれませんがやはり、docomo本家の回線よりもやはり遅くなるのが早いと思います。

デザリングができない

デザリングができないわけではないのですが、docomoのandroid端末で運用しようとするとノーマルではできません。iPhoneでは可能ですがandroidではできないのが現状です。

通話料が高い

通話料は大抵の場合30秒/20円となっており電話を多くする人はデメリットとなるでしょう

キャリアメールが使えない

ほとんどキャリアメールを使う機会がなくなってきましたがやはり使えないとなると困る場合が出てきます。

対応端末を持ってないと高くなるかもしれない

対応端末を持ってない場合、購入しなければならないので逆に高くなるかもしれない。そうそうiPhoneは3年が寿命と発表されたため3年毎に購入としても、年間3万以上は安くならなくてはお得感は薄れますね。毎年買うとなると年間10万以上お得になる必要があります。

Lineの年齢認証ができません。

これは、結構死活問題でid検索などができないので、買い換える前に年齢認証しておきましょう。

iPhoneを毎年買う場合

iPhoneが10万としましょう。12ヶ月で割ると毎月8,333円。格安simが2,000円とすると毎月が10,000円以上支払っている人が安くなる計算です。もちろん通話料は考えずに。

下取りなんかもあるのでもっと安く出来るとも思いますが。

私の今の利用方法

デザリング用にiPhoneにmineo sim 5gbプランを差し込んで利用しています。

これみたいな、エントリーパック使って契約することで事務手数料が更にお得になるよ。

また通話用にはxperia z3をdocomoのかけ放題、シェアパック15で利用。

これで毎月10,000円ほどの計算になります。親のシェアパックに加入という形ですので、詳しくはわからないのですが、家族が多く同じキャリア、誰かWEBをあまり使わない人がいるといった状況では最強の安さを誇るプランになります。うまく行けば5人で2万にも行かないくらいに。

先月まではこれで行けていたのですが。父が買い替えのタイミングでauに行ってしまい。高くなってしまったわけで。私も一人で誰にも左右されない料金を考えたいと思いました。

私の現在考察中のプラン

docomoのかけ放題からauのかけ放題ガラケーに。

auのガラケーかけ放題は、GRATINA 4G 新規購入で最安値3,540円。MNPや買い方次第で安くなる買い方をすることはあっても高くなる買い方はする予定はないです。

家電量販店で同時乗り換えや、一括5,000円とかであれば更に安くなりますよね。そういった買い方をしましょう。

こちらは購入直後にモバイルデータ通信を切りましょう。そしてWi-Fiでの通信と通話専用端末とします。

Yahoo!Wi-Fi を購入。

ブログを書くことも多くなるであろう。また携帯で虎テレを外で見れるでしょう。またノマドワーカーをしてみたり。外出先でHD動画を見たり。

そういった使いかたをしたいので、Yahoo!Wi-Fiはベストな選択肢になります。場所、時間に夜と思いますがAXGPエリア内なら月間データ容量上限無しで利用できます。3GBの速度制限などありますが。WiMaxであれば7Mbpsぐらいに制限されるらしいですがYahoo!は10Mbpsくらいになるそうです。伝聞なので正しいかは不明でありますが。少しでも早いほうがうれしいです。

しかしながら、7Mbpsが出ればHD画質の動画は普通に見れるそうです。

こちらが3,696円となります。【Yahoo! WiFi】お申し込み・詳細はこちら

Line用に常時接続可能な格安sim

Lineはそこまでの速度を必要としませんが、常に通信してなければ通知が来ません。画像が来たらYahoo!Wi-Fiに接続し受信とします。基本的にLineやゲーム用にiPhoneもしくはandroidとします。通信代としては3GBで840円/月くらいで可能ですので。

この運用で行くとiPadやパソコン用にデザリングを用意したりデザリング時に充電や容量を気にしたりなどといった必要もありませんよね。モバイルWi-Fiだけ気にしていればいいので。

私はよく考えたところこの運用が一番容量が使え。通話も無制限。充電する必要のある端末が一つ、持ち歩く必要がある端末も1つ増えますが。一つがガラケーになるためそこまで気にする必要はないと思います。

みなさんも、よく通信制限に掛かる。遅くなるのが嫌だといった方は真似してみてください。

充電の不安を解決する商品

私はAnker PowerIQをよく利用してます。20100mAhのモバイルバッテリーとそれを含めた周辺機器の充電にUSBポートがたりないのでPowerPortで運用中。いちいち差し込むのがめんどくさいのでUSBケーブルを50cmのものと1mのものを5本さしっぱなしにして。使いたい方を1m使わないのは50cmとして利用中です。