ゆとりのないなおき

ゆとりのないなおき。

学生時代はゆとり世代でも、社会人になればゆとりのない世代だ。なんて世代だ!!!

ストレングスファインダーテストって知ってる?これから面接の人に知ってもらいたい強みテスト。

ストレングスファインダーテスト。

そのままの意味で捉えていい強みを見つけるためのテスト。

34の強みから自分の強みを見つける

ストレングスファインダーテストとは、34もある強みの中から自分に最も合う強みを見つけていくテストである。テストのは自分がどちらに当てはまるかを選んでいくだけの単純なもの。

テストが終わると自分の5つの強みを教えてくれる。34全ての順位を知ることもでき、その中の強みを伸ばしていくも弱いところを伸ばしていくも自由である。

強みを知る意味

人間にとって、最も評価しにくいものは自分である。評価のしにくさを言うと、他人よりよく知っていて、なおかつ有利に自分を進めたい。そんな思考で人は動くのである。そうなると評価良くただそれはそれは他人と平等でなくてはいけない。そんな中、評価された自分の強みを知るというのは自分に自信がつくと考えらる。

強みを知ることはすごく意味があると思われる。

言ってしまえば自己分析である。

簡単に言うと自己分析ですよ。強みしか教えてくれない自己分析。しかしながら当たってるから面白いんです。ストレングスファインダーテストは海外で結構有名です。

就職を左右するレベルで。なぜなら自分の資質を知ることが出来る。考え方や内心どう思ってるかなんてこともね。

だから就職を左右するんです。

自分を知る強さ

私が思うに就活って人と会社のお見合いですよね。別に雇ってもらいに行くわけでもないこんな私ですがどうですか?って行くのが面接でこんな会社ですがどうですかってなるのが説明会なんです。だから学生にとっては就活でも会社にとっては雇用活動、雇活(こよかつ?笑)です。

企業は自分の会社の強みを全力で伝えてきます。ウチは福利厚生が...とかね。

裏付けのない強みを伝えられる事もあるでしょう。そういった企業って行きたいとは思わないですよね。少なくとも私は行きたくない。弱みを教えてくれてなおかつ強みを教えてくれる企業そう言ったところに行きたいです。これが企業が用意する雇活の準備です。

では私たちは自分の強みを伝えられるのか。自己分析をして自信満々に伝えていけるものがあれば企業はあなたを欲しがるかも知れない。嘘を言うと見破られます。あなた方が嘘を見抜くように。だから自分を知って自分の強みを100倍にして伝えてきたら良いんです。

そのための自己分析である

なぜストレングスファインダーテストを進めるか

理由は簡単で強みの伸ばし方の本とセットで1500円だから。100倍にして伝えて入社までに100倍になれば良いんです。ほかの自己分析ってその後に何をするか書いてない。はいあなたはこうですよ。おしまいって、感じですが、

ストレングスファインダー違ってあなたはこうですよ、こう伸ばしていく事の出来る強みですよって教えてくれる。

だから良いんです。

ストレングスファインダーは毎年受けるべき

就活生向けに書いてた訳ですけどなにも、就活生じゃなくても、受けてください。理由は簡単、あなたの強みは毎年のように変わります。あなたの価値観は周りから影響を受けたり、また置かれてる環境によっても変わってきます。

小学生のあなたが、お金が欲しい-。一番がお金が大切だーってならなかったように。

また、高校生が彼女がー...と30歳になっているの彼女がー...では環境も価値も違いますよね。

強みも全く一緒毎年やって、振り返って、自分を強めるものですので。毎年してみてください。

最後に、

就活生は、強みを知って今後の成長のためになる会社を選んで、強みとともに腕も上げていこう。

下の本はテストを受けるためのコードが入ってるのでおすすめ